Re-thinking(再思考)、「トランジット天王星」を想う

 



 

天王星ウラコ: こんにちは。目に見える星のラジオのお時間です。ジュピとウラコでお届けします。

木星ジュピ: 今回もリスナーからお便りが届いております。 「ウラコさん、ジュピさん、こんにちは。 山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士に関するニュースが再び、世間で話題になっていますよね? 占星術トーク、お願い致します。」

ウラコ: 確かに、インターンネットで検索してみると、そうみたいですね。アストロヒロさんのブログのサイト統計情報に、光と影、「太陽と冥王星」を想うの検索数字が昨日から目立ち始めたのも納得です。

ジュピ: その過去のブログには、山尾議員と倉持弁護士のホロスコープが掲載されていますし、 ちょうど本日から水星逆行(~4月15日)がスタートし、水星逆行のテーマ「Re-thinking」(再思考)しましょう。

ウラコ: はい。

【山尾議員と倉持弁護士に関する最近のニュース】

ZAKZAKのサイト から引用
“倉持弁護士と離婚し、2歳の長男の親権を失った元妻が22日発売の週刊文春に手記を寄せ、「(山尾氏は)夫婦の寝室にまで上がり込んだ」「夫と息子を返して」と悲痛な叫びをあげたのだ。今後は慰謝料請求の裁判を起こすという。”

サンスポのサイト から引用
“山尾、倉持両氏を訴えたのは山中裕氏と母の統子氏(68)。裕氏は私立武蔵高、東大で恭生氏の後輩にあたる。 訴状によると、裕氏らは2013年、山尾氏の夫で、都内でIT関連企業を経営する恭生氏に、計700万円を貸し付けた。現在まで返済は1円もなされておらず、裕氏らは恭生氏に返済能力がないと判断。山尾、倉持両氏が“不倫”の関係にあるとし、恭生氏への慰謝料を返済にあてることを求める民事訴訟を起こした。 裕氏らは山尾、倉持両氏による「共同不法行為(不倫行為)」により恭生氏がこうむった精神的被害への慰謝料は「700万円を下らない」と主張。貸付金額の回収のため、恭生氏の慰謝料請求権に代わる「債権者代位権」を行使し同額の慰謝料を請求している。第1回口頭弁論は4月20日に行われる。”

ジュピ: これらの情報などから、お二人のホロスコープが気になりますね。

 



↑ 山尾志桜里議員のホロスコープ

 



↑ 倉持麟太郎弁護士のホロスコープ

 

ウラコ: そうですね。倉持弁護士は、去年11月27日に離婚された情報もインターネットに掲載されていますので、初めにトランジット図と倉持氏の出生図二重円を確認しましょう。

 



↑ 二重円(内側:倉持氏の出生図、外側:トランジット図



↑ 占星術の書籍「Solar Arcs」(Noel Tyl/著)から引用

ジュピ: トランジット天王星が、倉持氏の「太陽と冥王星のスクエア」にタイトなハードアスペクトを形成した時期ですね。天王星の象徴は、突発的な行動、改革にも関連します。 ネイタルの「太陽と冥王星のスクエア」トランジット天王星のビリビリ~ビリビリ~ッ、というような衝撃を受け、倉持氏は離婚されたのではないでしょうか?

ウラコ: まさに典型的なトランジット天王星の象徴ですね。トランジット天王星ホロスコープの天体やアングルに影響を受けている時期に、突然離婚される方は結構多いですよね。

ジュピ: ということは、山尾議員の太陽獅子座0度不動宮0度2018年 春分図のブログに “天王星は5月16日午前0時20分から、牡羊座から牡牛座へ移行し、それから逆行天王星は、11月7日午前3時58分から、再び牡羊座へ戻ります。 不動宮0度~2度付近(牡牛座、獅子座、蠍座、もしくは水瓶座)に惑星やアングルを持っているホロスコープの人、もしくは活動宮28~29度付近(牡羊座、蟹座、天秤座、もしくは山羊座)に惑星やアングルを持っているホロスコープの人は特に、今年は改革を起こしたいと衝動が極めて高まります。” も記述されています。トランジット天王星が牡牛座0度付近にやって来る時期、山尾議員も離婚されるのでしょうか?



↑ 同じく占星術の書籍「Solar Arcs」(Noel Tyl/著)から引用

ウラコ: 特に2018年5月、6月、11月、12月、それから2019年2月、3月前後の山尾議員の状況に注目ですね。もし離婚される場合、お子さん(長男7歳)の親権争いの葛藤や課題も予想されるのではないでしょうか。今後の山尾議員の行動とその周りの行動と状況で決まるのでしょうね。

ジュピ: 世の中のニュースを知ることで、占星術の勉強にもなりますね。今回トランジット天王星の象徴の学びに繋がりました。

 

 

back to top