たて笛を、、、「フーコー」~♪

 

明日(3/27)は、満月か。。。

もうすでに、夜11時半すぎ。。 お肌のために早く寝たほうが良いと思うけれど、結局は気楽な趣味の時間を楽しみたいので、占星術関連の記事書きます。 

たて笛は、持っていないけれど、『吹ーこ~』う♪

この人は、フランスの哲学者 ミシェル・フーコー氏です。 なんとなく縦笛を吹くことが好きそうなお顔の雰囲気ですね。。。

130326a

↑ wikipediaから、フーコー氏のイラスト写真を引用させてもらいました。

フーコー氏って、どんな人???

はい、ウィキペディアを開いて見てください。

(廣川のメモ)

フーコー氏は、特に権力についての問題に注目していたそうだ。 往来の王や支配者が堂々たる暴力的な権力ではなく、いつのまにかウィルスのように多くの人々の生き方や考え方にだんだん浸透していくような権力について注目していたそうだ。例えば、刑務所や軍隊や学校といった場所では、知識や訓練といった規格化された規範に注目にしてみよう。その規範を守ればその場は生きやすくなるから、その規範は人々の内部で規律化され、権力が自然に内部化され、人々が生きる方向性を静かに強制化していく権力を、フーコーは「生の権力」と呼んだそうだ。

 

130326b

↑ フーコー氏(Michel Foucault)のホロスコープです。 もう遅い時間になってきたので、分析は書かないけれど、ミッドポイントを少し述べます。

AP = 海王星/ASC : 世間からみて繊細な印象を与えそうですね。

太陽/月 = 冥王星/ASC = 天王星/海王星 = 水星/冥王星: 権力(冥王星の象徴)について熟考しやすいというのは、ネイタルホロスコープだけではなく、ミッドポイントの象徴にも、繰り返し提示されていますね。

 

あっ、もう12時過ぎてしもうた。 縦笛を持っていないから、やはり急いで寝ます♪ 

それでは、また!

back to top