ツキを呼ぶ、占星術の活用方法(2/26~3/4)

 



 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

もはや役目を果さないことを手放すこと。 今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。 3月2日午前9時51分、乙女座11度22分で満月です。 サビアン度数は、乙女座12度 “A bride with her veil snatched away” 「ベールをもぎ取られた花嫁」と魚座12度 “An examination of initiates” 「新規加入者の検査」です。 満月時期は、新月時期と違い、月がくっきりと見えるので「結果」が見える状態です。 どのような「収穫」があったのでしょうか。 今回の満月の場合、太陽は海王星と年に一度のコンジャンクションを形成し、魚座の水星と金星は蠍座の木星とトラインのアスペクトを形成します。 今週は大まかに三つのケースが浮かびます。 一つ目は、現実逃避をしようとする人が増えやすいことが示唆されます。 二つ目は、乙女座は小腸を支配し、その機能のように何が栄養があって有毒なのか見極めるので、特定の人との関係を断ち切ろうとする人が増えやすいことが示唆されます。 三つ目は、明確な優先事項を策定する人が増えやすいことが示唆されます。 今回の乙女座の満月時期は、調和と融合するエネルギーの重要性を見いだします。 今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 


【占星術メモ】

2/26 (月): 月(蟹座7度~21度)、太陽60土星(魚座‐山羊座 7度04分)
2/27(火): 月(蟹座21度~獅子座6度)、金星60冥王星(魚座‐山羊座 20度34分)
2/28(水): 月(獅子座6度~20度)
3/1(木): 月(獅子座20度~乙女座5度)、水星90火星(魚座‐射手座 20度15分)、水星60冥王星(魚座‐山羊座 20度37分)、金星120木星(魚座‐蠍座 23度07分)
3/2(金): 月(乙女座5度~19度)、満月(乙女座 11度22分)、水星120木星(魚座‐蠍座 23度09分)
3/3(土): 月(乙女座19度~天秤座3度)
3/4(日): 月(天秤座3度~17度)、太陽0海王星(魚座 13度56分)

 



 


Those celestial planets represent various messages to us. The dominant theory is that crabs and corals lay eggs all together under a full moon. Human beings as well as plants and animals are affected by the phases of the moon. While realizing the power of planets of not only Moon but also Sun, Mercury, Venus, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Neptune, and *Pluto. Let’s find out clues to spend this week in a wonderful mood.

*In general, Pluto is considered as a minor planet but as an astrological symbol it is still deemed to be one of the significant planets of the solar system.

Releasing what no longer serves you. During this week the horoscope suggests that some people will be more likely to get aware of such an affirmation. On March 2, this Full Moon at 9:51 a.m. is in Virgo at eleven degrees twenty-two minutes. The Sabian symbols are for Sun at twelve degrees Virgo:“A bride with her veil snatched away” and for Moon at twelve degrees Pisces: “An examination of initiates” Unlike New Moon time, you see ‘results’ during Full Moon time because the moon can be seen with bright clarity. What kind of harvest have you got? In case of this Full Moon, the Sun has annual conjunction with Neptune, and Mercury and Venus in Pisces form a trine aspect with Jupiter in Scorpio. Broadly speaking, I assume three cases this week. First point, it suggests that some people are likely to escape from reality. Second point, it suggests that some people are likely to dissolve some of their relationships as Virgo rules the small intestine, whose function is to determine what is nourishing and what is toxic. Third point; it suggest that some people are likely to clarify their priorities. During this Full Moon in Virgo time you find how important it is to be balanced with integration of energies. Let’s rejuvenate your heart and begin with new hopes this week, too!

 

[Astrological Memos]

FEB 26 (MON): Moon (Cancer 7°- 21°), Sun sextile Saturn(Pisces-Capricorn 7°04′)
FEB 27 (TUE): Moon (Cancer 21°- Leo 6°), Venus sextile Pluto(Pisces-Capricorn 20°34′)
FEB 28 (WED): Moon (Leo 6°- 20°)
MAR 1 (THU): Moon (Leo 20°- Virgo 5°), Mercury square Mars(Pisces-Sagittarius 20°34′), Mercury sextile Pluto(Pisces-Capricorn 20°37′)
MAR 2 (FRI): Moon (Virgo 5°- 19°), Fill Moon at 11°22′Virgo, Mercury trine Jupiter(Pisces-Scorpio 23°09′)
MAR 3 (SAT): Moon (Virgo 19°- Libra 3°)
MAR 4 (SUN): Moon (Libra 3°- 17°), Sun conjunction Neptune(Pisces 13°56′)

 

 

ツキを呼ぶ、占星術の活用方法(2/19~2/25)

 



 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

海を泳ぐ魚のように生きること。 今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。 2月19日(~3月21日)、太陽は水瓶座から魚座へ移行し、例えると「科学者」(水瓶座)から「人魚」(魚座)のエネルギーが充満し、2月22日、魚座13度で金星と海王星はコンジャンクション(0度)のアスペクトを形成し、2月25日柔軟宮18度で、魚座の金星と射手座の海王星はスクエア(90度)のアスペクトを形成し、同じ日に魚座13で、水星と海王星はコンジャンクション(0度)のアスペクトを形成します。 ちなみに、今週は極めて海王星と魚座が強調されています。 2月23日午後5時9分、双子座4度39分で上弦の月です。 新月と違い、月の満ち欠けが見えてくる時期なので、周りの状況が見え、仕事や自らの目標に邁進しやすいです。 そうです、臨機応変な姿勢で実践していく時期です。 今週も星のエネルギーを上手に活用するにはどうすればいいのでしょうか。 芸術など魅了されるものに触れながら、感性や感受性を磨くことがキーポイントです。 太陽が魚座の時期は、世の中の空気を感じとることの重要性を見いだします。 今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 

【占星術メモ】

2/19 (月): 月(牡羊座1度~14度)、魚座の太陽へ(~3月21日)
2/20(火): 月(牡羊座14度~27度)
2/21(水): 月(牡羊座27度~牡牛座11度)
2/22(木): 月(牡牛座11度~24度)、金星0海王星(魚座 13度31分)、水星60土星(魚座‐山羊座 6度45分)
2/23(金): 月(牡牛座24度~双子座8度)、上弦の月(双子座 4度39分)
2/24(土): 月(双子座8度~22度)
2/25(日): 月(双子座22度~蟹座7度)、金星90火星(魚座‐射手座 18度10分)、水星0海王星(魚座 13度39分)

 



 

Those celestial planets represent various messages to us. The dominant theory is that crabs and corals lay eggs all together under a full moon. Human beings as well as plants and animals are affected by the phases of the moon. While realizing the power of planets of not only Moon but also Sun, Mercury, Venus, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Neptune, and *Pluto. Let’s find out clues to spend this week in a wonderful mood.

*In general, Pluto is considered as a minor planet but as an astrological symbol it is still deemed to be one of the significant planets of the solar system.

Live your life as if you were a fish swimming in a sea. During this week the horoscope suggests that some people will be more likely to get aware of such an affirmation. On February 19, the Sun enters Pisces(until March 21), figuratively speaking, suggesting that “mermaid”(Pisces) will be full of energy provided by “scientist”(Aquarius), on February 22, Venus conjoins Neptune at thirteen degrees Pisces, on February 25, Venus in Pisces forms a square aspect with Mars in Sagittarius at eighteen degrees of the mutable signs, and on the same day, Mercury conjoins Neptune at thirteen degrees Pisces. Neptune and Pisces are extremely emphasized during this week. On February 23, the First Quarter Moon at 5:09 p.m. is in Gemini at four degrees thirty-nine minutes. Unlike New Moon time, you can see the phases of the moon, so you can tell what is going on in your surroundings, and it’s the time to confidently push toward your jobs and goals. Yes, it’s the time to practice things in a flexible frame of mind. Also during this week, how can you utilize the energy of planets better? The trick is for you to cultivate an aesthetic sensibility being fascinated by some arts. During the Sun in Pisces time you find how important it is to perceive what the society is considering. Let’s rejuvenate your heart and begin with new hopes this week, too!

 

[Astrological Memos]

FEB 19 (MON): Moon (Aries 1°- 14°), Sun moves into Pisces(until March 21)
FEB 20 (TUE): Moon (Aries 14°- 27°)
FEB 21 (WED): Moon (Aries 27°- Taurus 11°)
FEB 22 (THU): Moon (Taurus 11°- 24°), Venus conjunction Neptune at 13°31′Pisces, Mercury sextile Saturn(Pisces-Capricorn 6°45′)
FEB 23 (FRI): Moon (Taurus 24°- Gemini 8°), First Quarter Moon at 4°39′Gemini
FEB 24 (SAT): Moon (Gemini 8°- 22°)
FEB 25 (SUN): Moon (Gemini 22°- Cancer 7°), Venus square Mars(Pisces-Sagittarius 18°10′), Mercury conjunction Neptune at 13°39′Pisces

 

 

水瓶座の新月(部分日食)前は、、

 

7か月ぶりに、星野ナッコが再登場します!

2月16日(金)午前6時5分は、水瓶座27度7分新月です。
今回の新月は、部分日食なので普段の新月と比較して、よりパワフルです!

 

【前回のあらすじ】 詳しい内容はこちら

俳優の綿鍋謙さんの若き頃に似ている男前のハンサムな男性と電車で出会い、ナッコとその男(劇団員兼カフェ店員)は意気投合し、 ナッコとその男は二人きりで何度か会った。

 



 

【ナッコの星物語⑫】

 

クラゲになりたい、、

 

ナッコは写真を見ながら、しくしく泣いていた。

俳優の綿鍋謙さんの若き頃に似ているハンサムな男(劇団員兼カフェ店員)と2度目のデートのとき、水族館で撮ったツーショット写真だった。

「ナッコさん、一緒にクラゲを観に行きませんか?」と誘われ、舞い上がるような高揚感に包まれていた。

「あの~、クラゲを背景に、○○さんとツーショット写真を撮ってもいいですか?」

男はニッコリ微笑んで、「もちろん。」と言った。

ナッコは、120%デートを楽しんでいた瞬間だった。

一度目のデートは、居酒屋。
二度目のデートは、水族館。

一度目のデートで、ナッコは男に「結婚していますか?」と聞かれなかったので、既婚者であることは告げていなかった。

ナッコは、男に恋愛感情がある。
そして、その男もナッコに恋愛感情があるように感じていた。

 

「ナッコさん、饅頭好きですか?」

「あっ、はい。」

水族館の帰り道、お茶も可能な和菓子店を発見したので、二人は一緒に入った。



ほんわかムードで楽しそうな二人、ナッコはその男とお付き合いをしたいと思っていた。

(親密な関係になる前に、既婚者であることを言わなくちゃ、、、)とナッコは思っていたので、

「実は、結婚しています。」と饅頭を食べながら、伝えた。

数分間の沈黙後、、

「なぜ、それを今まで黙っていたのですか? 俺、不倫とかセフレ大嫌いなんです。」

「ごめんなさい。セフレにしようとは思っておりません。○○さんに恋愛感情があります。」

再び沈黙、、

「でも、不倫ですよね?」

「夫のことは嫌いではありません、、、」

二人の間に、冷たい空気が流れていた。

「もう会うのは、やめましょう。もう冷めました。」

「あの~、、、」

「さよなら」

男のことを忘れられなかったナッコは、その日の夜SNSのLIMEにメッセージを送ったが、もうすでにブロックされていた。

 

あの瞬間から、数か月の月日が流れた。

ナッコは、まだその男のことが忘れられなかった。

「もう精神的にツライ、この切ない気持ちをHIRO先生に話して、心を楽にさせたい。」

そう思ったので、ナッコは、月の占い師HIROのところに予約を済ませ、久しぶりに会ってきた。

 

「HIRO先生、2017年12月20日から土星山羊座へ移動した影響により、世の中の空気が真面目モードに染まり、なんとなく息苦しく感じます。」

土星山羊座支配星海王星魚座と比較すると、土星は境界線がはっきりしたテーマに関連するので、 魚座海王星が強調されているホロスコープを持っているナッコさんにとって、世間の雰囲気が真面目モードになり過ぎているように感じて、そうですね、、息苦しくなりやすいかもしれません。」

「そうなんですよ。ナッコ、クラゲになりたいです。」

HIRO先生の前だと、安心しやすいナッコは泣き始めた。

 

「そうですね、クラゲは海の中で自由に泳いでいる。」

 

ナッコは、まだ忘れることができなかった男とのツーショット写真を月の占い師・HIROに見せた。

「素敵な男性ですね。本日は、この男性に関するお話ですか?」

「はい、フラれました。ナッコと○○さんの相性を見てください。」

「分かりました。○○さんのバースデータをお伝えください。」

 



↑ ナッコのホロスコープ

【ナッコの占星術メモ】
東側半球強調、太陽・魚座、月・魚座(1室の中)、太陽(6)水星逆行(4,9)90海王星(1)、Tスクエア、土星逆行(11)‐月(5)‐ノード、金星(3,8)90天王星(12)、火星(2)90木星(10)、AP=月/土星、太陽/月(柔14度)=ASC、MC=太陽/冥王星=土星/海王星

 



↑ ○○さん(男)のホロスコープ

【○○さん(男)の占星術メモ】
北側半球強調、太陽・山羊座、月・牡羊座(7室の中)、太陽(12)90月(11)、水星(1,10)海王星(7)60冥王星(3)、火星(8)0木星(4)、金星(2,9)!、ASCq月(11)、 クインタイル5つ以上、水星45金星、金星45海王星、AP=木星/冥王星、太陽/月(不21度)=天王星=海王星/冥王星

 

「お二人は、水星&海王星火星&木星アスペクトが共通のカップルなのね。」

「そうですね。」

 

「○○さんの太陽山羊座4度牡羊座9度ソーラーアークという占星術技法、ナッコさん覚えていますか?」

「はい、5歳前後で太陽=月になります。」

 

「○○さんの初期家庭、家族の話聞いたことありますか?」

「はい、○○さんが5歳になる年に、お父さんとお母さんは離婚され、母親が○○さんと○○さんの妹を引き取って育てたという話を聞きました。 ○○さんのお母さんのお蔭で大学入学も卒業することができ、母親をとても尊敬している、妹と母という家族がとても大切だというお話を覚えています。」

「そうでしたか。。」 (ASC 165 月(11)

 

月の占い師・HIROは、ナッコとその男のホロスコープの二重円も分析する。

 



↑ ナッコ(外側)と○○さん(内側)の二重円ホロスコープ

【シナストリーメモ】
:太陽魚座4度– セクスタイル(60度)– :太陽山羊座4度
:太陽魚座4度– コンジャンクション(0度)– :ドラゴンティル魚座2度
:ASC魚座 – :DSC魚座
:月魚座23度 – コンジャンクション(0度)– :DSC魚座23度
:ASC魚座12度 — オポジション(180度)– :乙女座12度火星&10度木星
:MC射手座19度 — コンジャンクション(0度)– :射手座19度水星&20度海王星

 

「ホロスコープを見ると、二人は磁石のように極めて引き付け合う相性。 付け加えると、○○さんのホロスコープの水エレメント外惑星天王星のみ、 ナッコさんのホロスコープの活動宮外惑星天王星冥王星のみ。ナッコさんは魚座のステリウム水のエレメントが強調されているし、 太陽活動宮の○○さん。似ている要素もあるけれど、お互いに補える要素もあることがホロスコープに提示されている。  ホロスコープを見たところ、とてもいいと思うけど、ナッコさん、○○さんにフラれたと先程話していましたよね? 差し支えなければ、別れ話の状況を話してくれますか?」

「はい、饅頭を食べていたときに、○○さんに『実は結婚しています。』と伝えたら、○○さんに『俺、不倫とかセフレ大嫌いなんです。』と言われたので、 『ごめんなさい。セフレにしようとは思っておりません。○○さんに恋愛感情があります。』と伝えたのですが、フラれました。」

太陽・山羊座は、現実的で野心的なエネルギー、どちらかというと魚座とは違って境界線をつくったり白黒つけるエネルギー。 牡羊座の月、自発的で負けず嫌いでナンバーワンになる欲求。  その太陽スクエア。 両親が離婚した理由、何だろう? ASC土星コンジャンクションし、火星12室の中。もし父親の浮気が原因で離婚したとしたら、、 そして、ナッコさんには旦那さんが存在している。 ナッコさんに恋愛感情があっても、牡羊座の月の○○さんにとって、精神的に苦しい恋愛になるのではないだろうか? そして、ASC乙女座で、 乙女座のステリウムの○○さん。地のエレメントも強調されているし、世間の常識や正しさを意識しやすいアイデンティティーなのかもしれない。 その反面、射手座の水星と海王星コンジャンクション冥王星セクスタイルしているから、冒険する意識も高めで行動力も抜群。夢とかロマンとかファンタジーを持っている人で、ナッコさんと会話や感性がとても通じ合いそうだけど、、」

「○○さん、劇団員兼カフェ店員をされています。俳優の綿鍋謙さんに憧れていると話されていました。夢を持っている男性の瞳って、キラキラ輝いています。」

「そうでしたか。」

「○○さんにフラれましたが、素敵な男性に出会えて有り難いと思いました。HIRO先生のように、ホロスコープの勉強もコツコツ続けていきます。」

 



 

ナッコの今後は、どうなる?

次回も続く可能性あり。

 

 

 

ツキを呼ぶ、占星術の活用方法(2/12~2/18)

 



 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

新しい可能性を心に描くこと。 今週は、そう認識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。 2月16日午前6時5分、水瓶座27度7分で新月です。 今回の新月は部分日食であり、晴天であれば南米南部や南極付近で観測できるでしょう。 今回の新月のサビアンシンボルは水瓶座28度で「伐採された木」(“A tree felled and sawed”)です。 新月は、一般的にものごとの切り替わりやスタート時期です。 どんなことが芽生えたでしょうか。 今回の新月の場合、水星も新月に新月にコンジャンクションのアスペクトを形成し、牡羊座の天王星は新月とセクスタイル(60度)のアスペクトを形成し、魚座の金星と山羊座の土星はセクスタイル(60度)のアスペクトを形成し、射手座の火星は魚座の火星とスクエアのアスペクトを形成します。今週は、大まかに三つのケースが浮かびます。 一つ目は、仕事、勉強、もしくは個性に着目した新月の願い事を意識する人が増えます。 二つ目は、ソーシャルメディアなどを活用しながら先を見通す力を新しくすることに着目した新月の願い事を意識する人が増えます。 三つ目は、仲間にインスパイアされ、改良することに着目した新月の願い事を意識する人が増えます。 今回の水瓶座の新月時期は、「知的な設計図」を駆使することの重要性を見いだします。 今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 

【占星術メモ】

2/12 (月): 月(山羊座6度~18度)
2/13(火): 月(山羊座18度~29度)
2/14(水): 月(山羊座29度~水瓶座11度)、水星90木星(水瓶座‐蠍座 22度23分)、太陽60天王星(水瓶座‐牡羊座 25度19分)
2/15(木): 月(水瓶座11度~24度)
2/16(金): 月(水瓶座24度~魚座6度)、水星60天王星(水瓶座‐牡羊座 25度23分)、新月(水瓶座 27度07分)、金星60土星(魚座‐山羊座 6度15分)
2/17(土): 月(魚座6度~18度)、火星90海王星(射手座‐魚座 13度21分)、 太陽0水星(水瓶座 28度47分)
2/18(日): 月(魚座18度~牡羊座1度)、魚座の水星へ(~3月6日)

 



 

Those celestial planets represent various messages to us. The dominant theory is that crabs and corals lay eggs all together under a full moon. Human beings as well as plants and animals are affected by the phases of the moon. While realizing the power of planets of not only Moon but also Sun, Mercury, Venus, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Neptune, and *Pluto. Let’s find out clues to spend this week in a wonderful mood.

*In general, Pluto is considered as a minor planet but as an astrological symbol it is still deemed to be one of the significant planets of the solar system. 

Envisioning new possibilities. During this week the horoscope suggests that some people will be more likely to acknowledge themselves with such an affirmation. On February 16, this New Moon at 6:05 a.m. is in Aquarius at 27 degrees 7 minutes. This is a partial Solar Eclipse, and it will be observable across the southern part of South America and the South Pole if it has a clear sky in that area. This New Moon of Sabian symbol is for Sun and Moon at twenty-eight degrees Aquarius: “A tree felled and sawed.” During New Moon it is generally the time to start or to switch things. What kind of fledglings do you have? In case of this New Moon, Mercury also has an aspect of conjunction, Uranus in Aries has an aspect of sextile, Venus in Pisces forms a sextile aspect with Saturn in Capricorn, and Mars in Sagittarius forms a square aspect with Neptune in Pisces. Broadly speaking, I assume three cases this week. First point, some people will increase awareness of making wishes for this New Moon to focus on business, study and individuality. Second point, some people will increase awareness of making wishes for this New Moon to focus their attention on utilizing some social media etc and renewing their visionary powers. Third point, some people will increase awareness of making wishes for this New Moon to focus their attention on reforming on themselves and being inspired by their companies. During this New Moon in Aquarius time you find how important it is to take advantage of your ‘intellectual blueprint.’ Let’s rejuvenate your heart and begin with new hopes this week, too!

 

[Astrological Memos]

FEB 12 (MON): Moon (Capricorn 6°- 18°)
FEB 13 (TUE): Moon (Capricorn 18°- 29°)
FEB 14 (WED): Moon (Capricorn 29°- Aquarius 11°), Mercury square Jupiter(Aquarius-Scorpio 22°23′), Sun sextile Uranus(Aquarius-Aries 25°19′)
FEB 15 (THU): Moon (Aquarius 11°- 24°)
FEB 16 (FRI): Moon (Aquarius 24°- Pisces 6°), New Moon at 27°07′Aquarius, Venus sextile Saturn(Pisces-Capricorn 6°15′)
FEB 17 (SAT): Moon (Pisces 6°- 18°), Mars square Neptune(Sagittarius-Pisces 13°21′), Sun conjunction Mercury at 28°47′Aquarius
FEB 18 (SUN): Moon (Pisces 18°- Aries 1°), Mercury moves into Pisces(until March 6)

 

 

太陽・水瓶座の時期は、、

 

「子供、なぜ作らないのですか?」と先日ある女性から再び突然質問された。

数年前、自分が30代の時も、その女性に同じ質問されたことを思い出す。
そのとき、自分が何と返答したのか覚えていないが、再び聞いてきたので驚きました。
その女性は現在60代、20代半ばのとき二人出産、現在娘さんも息子さんも30代で結婚され、お孫さんにも恵まれている。

「40過ぎていますからね。」と自分は返答したところ、
「45歳まで大丈夫ですよ。」とその女性は伝えた。

「子供いるのも幸せ、子供いないのも幸せ。」と伝えた。

この返事で、その女性は納得してくれたかどうか分からない。
40過ぎたら、こういう質問されないと思っていたら再び質問されたので少し考えさせられました。
45歳まで質問されるのかもしれない、そしたら、今後どう伝えるべきか。
「子供いるのも幸せ、子供いないのも幸せ。」と伝えるのもいいかもしれないが、
「なぜ子供いないと思います? 分からないので子供いない理由、推測してもらえますか?」と質問するのもありかもしれない。
今回の出来事によって、「なぜ結婚しないのですか?」というようなことを誰かに質問しないほうがいいという学びに繋がりました。

 

————————————————————————————————————

 

Recently, a woman asked a question again suddenly: Why don’t you have a baby?

I just remembered, actually a few years ago, the woman asked the same question when I was in my 30s.
I was surprised that she asked me the same question again even though I didn’t remember how I replied to it at that time.
The woman is 60s now who gave birth to two babies when she was mid-20s, and her daughter and son are both 30s and married, so she has many grandchildren.

I replied, I’m over 40 years old.
She said to me, ‘Women can give birth to babies until 45 years old.’

Therefore, I said to her, ’Human beings can be happy with or without children.’

I don’t know whether she agreed with my answer or not.
It was a thought-provoking question for me, because I thought I wouldn’t been asked such a question again because I’m over 40s.
I might be asked such a question until I turn 45, then how would I reply to it from now on?
Probably I can answer, ’Human beings can be happy with or without children.’
But also I may ask like a question to him/her; I completely don’t know why I don’t have children, so do you assume the reasons?
Thanks to the event, I have learned that we should refrain from asking a question like ‘Why don’t you marry?’

 

 

ツキを呼ぶ、占星術の活用方法(2/5~2/11)

 



 


天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

とりあえず3ヶ月間、習慣化させること。 今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。 2月8日午前0時54分、蠍座18度49分で下弦の月です。 上弦の月と違い、月が欠けてくる時期なので、不足しているものが見え、仕事や自らの目標に向かって再構築しやすいです。 そうです、新しい展開も取り入れていく時期です。 2月11日(~3月7日)、金星は水瓶座から魚座へ移行し、「クールビューティー」(水瓶座)から「ふんわり癒し系」(魚座)のエネルギーが充満し、同じ日に、不動宮22度で、水瓶座の太陽と蠍座の木星はスクエア(90度)のアスペクトを形成します。 今週も星のエネルギーを上手に活用するにはどうすればいいのでしょうか。 ディズニーシーや水族館などのレジャー施設で楽しむこともキーポイントです。 もしくは、ほっこりできるような柔らかいものに触れる機会をつくることもキーポイントです。 今週は特に、安心感漂う雰囲気の重要性を見いだします。 今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 


【占星術メモ】

2/5 (月): 月(天秤座9度~23度)
2/6(火): 月(天秤座23度~蠍座5度)
2/7(水): 月(蠍座5度~18度)、金星60天王星(水瓶座‐牡羊座 25度06分)
2/8(木): 月(蠍座18度~射手座0度)、下弦の月(蠍座 18度49分)
2/9(金): 月(射手座0度~12度)
2/10(土): 月(射手座12度~24度
2/11(日): 月(射手座24度~山羊座6度)、魚座の金星へ(~3月7日)、太陽90木星(水瓶座‐蠍座 22度10分)

 



 


Those celestial planets represent various messages to us. The dominant theory is that crabs and corals lay eggs all together under a full moon. Human beings as well as plants and animals are affected by the phases of the moon. While realizing the power of planets of not only Moon but also Sun, Mercury, Venus, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Neptune, and *Pluto. Let’s find out clues to spend this week in a wonderful mood.

*In general, Pluto is considered as a minor planet but as an astrological symbol it is still deemed to be one of the significant planets of the solar system.

Growing accustomed to a certain thing for at least three months. During this week the horoscope suggests that some people will be more likely to get aware of such an affirmation. On February 8, the Last Quarter Moon at 0:54 a.m., is in Scorpio at eighteen degrees forty-nine minutes. Unlike First Quarter Moon time, you can see the waning of the moon, so you can tell what you are short of and it’s the time to restructure your jobs and goals. Yes, it’s the time to take in new developments. On February 11, Venus enters Pisces(until March 7), suggesting that “soft and gentle charm”(Pisces) will be full of energy provided by “smart and beautiful charm”(Aquarius), and on the same day, the Sun in Aquarius forms a square aspect with Jupiter in Scorpio at twenty-two degrees of the fixed signs. Also during this week, how can you utilize the energy of planets better? The trick is for you to enjoy visiting leisure facilities, for example, DisneySea or aquariums etc. Or, the trick is for you to have an opportunity to lay a hand on something soft and tender. Especially during this week you find how important it is to bring a sense of ease on yourself. Let’s rejuvenate your heart and begin with new hopes this week, too!


 


[Astrological Memos]

FEB 5 (MON): Moon (Libra 9°- 23°)
FEB 6 (TUE): Moon (Libra 23°- Scorpio 5°)
FEB 7 (WED): Moon (Scorpio 5°- 18°), Venus sextile Uranus(Aquarius-Aries 25°06′)
FEB 8 (THU): Moon (Scorpio 18°- Sagittarius 0°), Last Quarter Moon at 18°49′Scorpio
FEB 9 (FRI): Moon (Sagittarius 0°- 12°)
FEB 10 (SAT): Moon (Sagittarius 12°- 24°),
FEB 11 (SUN): Moon (Sagittarius 24°- Capricorn 6°), Venus moves into Pisces(until March 7), Sun square Jupiter(Aquarius-Scorpio 22°10′)

 

 

 

ツキを呼ぶ、タロットの活用法 ⑦

 



 

菊、聞く、訊く、聴く、、ブログ記事を読んでもいいですか?
占星術と英語の勉強になるから。
久しぶりに太陽・蟹座生まれの米国占星術家女性のブログ記事を読んだ。
数年前から、お気に入りのブログ。 今回のブログ内容も興味深かった。
占星術に関することは勿論、日常生活のことも記述され、ところどころ彼女の心情も描かれ情感のある文章だと思う。
長めの文章、英語なので、自分にとって読むのは時間がかかる。
そうだけれども、魅了されるので読む。
彼女のブログ記事を読みながら、タロットカードのエース・杯を引き寄せた。
なるほど、彼女のブログは、愛のシンボルを呼び起こすのです。
読むと、不思議と感情を活性化させるパワーを持っている。
例えると、川の流れのように流動的で、溢れる愛情を映し出す。
水は背景を映し出すので、心も映し出す。
読むと、心の言葉が活性化される。
タロットの視覚言語のように、彼女のブログ記事には審美眼のある写真が多い。
美しさを表現している彼女に憧れている。
私自身と比較するのもどうだけれど、視覚的にも文章内容も洗練されている。
イメージ思考、感覚主義、模倣しようとする無意識に浸透された状態。
私も洗練された深みのある文章を表現できる人になりたい。
未来志向のタロティストの活躍が、創造性を一段と加速させていく。
タロットは明るい見通しを持つ力があると言われている。
全体を俯瞰し、緩やかな求心力で、拡大のオアシスへと導く。

スピリチュアル ライター — 星野ナッコ

 



 

Do the concepts ‘chrysanthemums’, ‘hearing’, ‘asking’ or ‘listening to’ lead me to ask if I can read a blog post now?
It’s because I can learn both astrology and English.
I’ve read a blog post written by an American female astrologer who has her natal Sun in Cancer for the first time in a long time.
It’s been one of my favorite blogs for years.
The theme on it is also intriguing.
It’s on astrological themes, of course, but I think she can write in-depth feelings with friendly and intellectual sentences.
She wrote it with long sentences in English, which took me a lot of time to read.
This is indisputable, but it’s greatly fascinating to me.
Reading one of her blog articles, I picked a Marseille tarot card: Un de Coupe.
That makes sense to me; her blog articles evoke a symbol of love.
Reading it, I’m given plenty of an emotional energizing force.
Figuratively speaking, it mirrors our flood of affection like flows of a river.
Water can reflect backdrops as well as the reflects of our mind.
So reading them lets my words of mind be activated, too.
As if it’s a visual language in tarot, there are many aesthetic pictures in her blog articles.
I aspire for her way of expressing beauty.
Comparing with my blog, I think her blog is fascinating. And also, she is not cutting corners. I mean her blog contents are sophisticated.
I might be able to be filtered into myself by an imageable notion, sensationalism, and imitative unconsciousness.
I think I should write my blog articles in a more sophisticated way during the next twelve months.
A future-oriented tarotist can move up a gear for his/her creativity.
Tarot of Marseille is said to have a power of promise because it leads us to the expansion oasis with a flexibly unifying force while seeing the whole from a higher perspective.

Spiritual writer — Nacco Hoshino

 

 

back to top