占いサロン アストロヒロ
営業日: 水曜日・金曜日
営業時間: 午前11~夜7時半
電話: 042-705-2305
※営業時間内の水・金曜日電話つながります
※水・金曜日以外にご希望の方もご連絡お待ちしております

アストロヒロ代表
廣川 千夏
(ひろかわ ちなつ)
太陽 かに座 A型生まれ
占いカウンセラー歴: 11年以上
占い鑑定数: 7千回以上

 

【星の運行】
天秤座の太陽の時期は、2018年9月23日(火)10時55分~10月23日(火)20時23分です。
金星逆行周期の時期(蠍座10度 10月6日3時44分 ~ 11月16日19時12分 天秤座25度)です。

 

 

天王星ウラコ: 目に見える星のラジオのお時間です。ジュピとウラコでお届けします。

木星ジュピ: 今回もリスナーからお便りが届いております。『ウラコさん、ジュピさん、こんにちは。今週も金星逆行時期ですね。アストロヒロさんのブログ“今回の金星逆行時期は、洞察を深めることの重要性も見いだします。”と述べられていたことが印象に残ります。占星術トークお願いします。』

ウラコ: 蠍座の金星逆行時期だからでしょうか、洞察力を深めることも重要なのでしょうか。

ジュピ: そうではないでしょうか。太陽天秤座の時期、天秤座支配星金星ですし、とくに「金星」のテーマに関して洞察を深めましょうと伝えていそうですね。

ウラコ: 太陽天秤座天秤座風のエレメント、世の中の情報にフォーカスし、金星のテーマ「恋愛や結婚」、そして蠍座なので深く関わり変容されるか、それとも別れを選ぶか。

ジュピ: 「真剣交際」に入ると破局する婚活男女の特徴 結婚まで進むことが難しい人のタイプとは? というインターネットニュースが、この時期にぴったりの内容だったので、紹介しますね。

 

そのサイトの文章を一部引用:

’ある日曜日、昼に待ち合わせをして映画に行った。その日は、映画を見終えたらスーパーで買い出しをして、晴海のひとり暮らしのアパートに行き、パスタとサラダを作って食べることになっていた。

「スーパーに行ったときに、ビールと落花生とポテトチップスをカゴの中に入れたんです。そうしたら、『なんでおつまみを2つ買うの? 夕食もあるんだし、1つにしたら』って、ポテトチップスは棚に戻されてしまいました」

その後、彼女の家に行き、晃はテレビを見ながら、落花生をつまみにビールを飲み出した。すると、夕食の準備にかかろうとしていた晴海に「ご飯の前に間食したら、夕食が食べられなくなるよ」と、少量の落花生を小皿に出され、残りは持っていかれてしまった。

口うるさい母親と一緒にいる気分に

「こんなふうにすごく細かいことを注意してくるんですよ。夕食がボンゴレとサラダで、そのサラダにドバドバとドレッシングをかけたら、『そんなにかけたら、塩分取り過ぎになる』と。言ってることは正論なんです。でも、なんだか口うるさい母親と一緒にいる気持ちになってしまって」

(省略)

「価値観が自分とは違う」と判断してしまう

晃が言うことは、もっともだ。今、30代後半、40代、50代の婚活初婚者が相談所には多いのだが、お見合いは繰り返すものの、なかなか成婚しない。

理由の1つは、先に述べた“婚活の腰が重く、交際に入っても行動を起こさない”こと。もう1つは、晃の言う“自分のライフスタイルや理想を相手に押し付け”、そこで“この相手と自分は価値観が違う”と判断をし、交際を終了させてしまうことだ。’

 

ジュピ: 洞察を深めることになるかどうか分かりませんが、このサイトの文面を読んで、男性の晃(仮名)さんの出生ホロスコープには、「月と土星のハードアスペクト」があるのではないかと思いました。

ウラコ: 「月と土星のハードアスペクト」、日常生活に制限をかけられている(感覚の)課題。’口うるさい母親と一緒にいる気持ちになって’、、母親もしくは妻()が制限(土星)をかけるように感じやすい可能性がありますね。

ジュピ: ところで、口うるさい母親のような女性と一緒に住むことによって、どのような「喜び」が推測できるでしょうか?

ウラコ: 土星が強調されているということは、食べ過ぎにならず、生活習慣病を予防できるのではないでしょうか。晃さんは42歳、お相手の晴海さんも42歳。20代~30代前半であれば新陳代謝が高いので多少食べ過ぎても平気だと思われますが、40歳過ぎたら、食事のコントロールしたほうが将来のためになる可能性が高いのではないでしょうか。

ジュピ: 確かにそうかもしれませんが、仮に晃さんに「月と土星のハードアスペクト」を持っていたとしたら、「口うるさい母親」みたいな女性はストレスにかかるのではないでしょうか。

ウラコ: おっしゃる通り「月と土星のハードアスペクト」を持っている人にしたら、日常生活に細かく制限かけてくるパートナーは嫌かもしれませんが、そういう特徴を持った女性と結婚の縁が強い可能性も(仮のホロスコープから)提示されていますよね。母親のように口うるさい女性「例:月と土星のハードアスペクト」を拒否するのではなく、そこを受け入れると結婚に繋がりやすいのではないでしょうか。

ジュピ: 「ハードアスペクト」を拒否するのではなく、受け入れることで「人生の成長に繋がる」という視点ですね。その視点もありだと思います。

 

【おまけ】真剣交際、「蠍座の金星逆行」を想う ② のブログ記事はこちら