占いサロン アストロヒロ
営業日: 水曜日・金曜日
営業時間: 午前11~夜7時半
電話: 042-705-2305
※営業時間内の水・金曜日電話つながります
※水・金曜日以外にご希望の方もご連絡お待ちしております

アストロヒロ代表
廣川 千夏
(ひろかわ ちなつ)
太陽 かに座 A型生まれ
占いカウンセラー歴: 11年以上
占い鑑定数: 7千回以上

 

 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

大きな見方を手に入れるために過去をふり返ってみること。
今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。
というのも、先週の11月1日から金星は天秤座に戻って逆行しているので、ある状況の見直しや再考を呼びかけています。
シンプルに申しますと、金星は受容性に関連します。
ですので、過去は苦手だったことでも「ものごとをいったん受け入れる」ような心構えがキーポイントです。
11月8日午前1時2分、蠍座15度11分で新月です。
今回の新月のサビアンシンボルは蠍座16度で「微笑みに変わる少女の表情」(”A girl’s face breaking into a smile”)です。
新月は、一般的にものごとの切り替わりやスタート時期です。 どんなことが芽生えたでしょうか。
この時期、太陽と月は海王星と冥王星とソフトアスペクトを形成し、金星と小惑星セレスは火星とトラインのアスペクトを形成します。
今週は、大まかに二つのケースが浮かびます。
一つ目は、仕事運、恋愛運、もしくは子宝運に着目した新月の願い事を意識する人が増えます。
二つ目は、自己受容を習慣化することに着目した新月の願い事を意識する人が増えます。
今回の蠍座新月時期は、深い感情を理解することの重要性を見いだします。
今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 

【占星術メモ】

11/5 (月): 月(天秤座3度~17度)
11/6(火): 月(天秤座17度~蠍座1度)、太陽120海王星(蠍座-魚座 13度47分)
11/7(水): 月(蠍座1度~14度)、天王星は再び牡羊座へ(~2019年3月6日)
11/8(木): 月(蠍座14度~27度)、新月(蠍座 15度11分)、射手座の木星へ(~2019年12月3日)
11/9(金): 月(蠍座27度~射手座10度)、金星120火星(天秤座-水瓶座 26度10分)
11/10(土): 月(射手座10度~23度)
11/11(日): 月(射手座23度~山羊座5度)