占いサロン アストロヒロ
営業日: 火・水・金・土曜日
営業時間: 10時~19時
電話: 042-705-2305

 

 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

迷いが消えること。
今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。
というのも、12月22日に射手座9度で、水星と木星はぴったりとコンジャクトします。
シンプルに申しますと、水星は知性や言葉、木星は拡大や発展の象徴に関連します。
ちなみに、前回の水星と木星のコンジャンクションの場合、1回目は今年の10月29日蠍座27度で、2回目は今年の11月28日射手座4度でした。
今週は迷いが消え、マインドが拡がる傾向がより強いです。
12月23日午前2時39分、蟹座0度49分で満月です。
サビアン度数は、蟹座1度「船舶から表示される、畳まれたり広げられたりする旗」“A furled and unfurled flag displayed from a vessel”と山羊座1度「承認を要求するインディアン首長」“An Indian chief demanding recognition” です。
満月時期は、新月時期と違い、月がくっきりと見えるので「結果」が見える状態です。どのような「収穫」があったのでしょうか。
この時期、太陽と月は牡羊座の天王星とソフトアスペクトを形成しています。
今週は大まかに二つのケースが浮かびます。
ひとつに、住まいのリフォームなど部分的な改革を行いたいという意識が高まる人が増えやすいことが示唆されます。
もうひとつのケースでは、伝統とモダンが融合したライフスタイルを楽しみたいという意識が高まる人が増えやすいことが示唆されます。
今回の蟹座の満月時期は、一定の成果を求めて、守備固めの人員配置を行うことの重要性も見いだします。
今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 

【占星術メモ】
12/17 (月): 月(牡羊座7度~19度)、火星60冥王星(魚座-山羊座 20度06分)
12/18(火): 月(牡羊座19度~牡牛座2度)
12/19(水): 月(牡牛座2度~16度)
12/20(木): 月(牡牛座16度~双子座0度)
12/21(金): 月(双子座0度~14度)、太陽120天王星(射手座-牡羊座 28度43分)
12/22(土): 月(双子座14度~29度)、金星120海王星(蠍座-魚座 13度53分)、水星0木星(射手座 9度34分)、山羊座の太陽(~2019年1月20日)
12/23(日): 月(双子座29度~蟹座13度)、満月(蟹座 0度49分)