占いサロン アストロヒロ
営業日: 火・水・金・土曜日
営業時間: 10時~19時
電話: 042-705-2305

 

【星の運行】
1月14日4時04分、柔軟宮14度22分で、木星と海王星のスクエア90度)のアスペクトを形成します。

 

 

天王星ウラコ: 目に見える星のラジオのお時間です。ジュピとウラコでお届けします。

木星ジュピ: 今回もリスナーからお便りが届いております。『ウラコさん、ジュピさん、こんにちは。1月14日に柔軟宮14度射手座の木星魚座の海王星がぴったりとスクエアしますね。ちょっと風邪っぽいです。柔軟宮14度付近にある惑星を持っている影響もあり、風邪引きやすいのでしょうか? 占星術トーク、お願い致します。』

ウラコ: その可能性もあるかもしれません。風邪とは、基本ウィルスによる感染ですよね? 目に見えない原因不明的な要素、医療占星術的な視点で述べれば、海王星という惑星の象徴にも関連しますが、、、ジュピさん、スピリチュアル的にどうでしょうか?

ジュピ: 風邪引いている人が周りにいても、本人が元気な波動が高いときは感染しないですよね。周りに風邪引いている人がいなくても、いつの間にか風邪を引くときは引く。スピリチュアル的に述べれば、波動やエネルギーがテーマになるかと思います。

ウラコ: ということは、惑星の影響は関係なく、本人次第だと言いたいのでしょうか?

ジュピ: 半分イエスですが、(惑星による)ハードアスペクトは人々に「緊張・ストレス・(そして)成長」を与えます。ストレスや緊張を与えますが、成長を与えることも事実なので、人生いろいろ、そして自分以外の人々とも関わり、それなりにストレスもあるかもしれませんが、歳を重ねるごとに各自波動やエネルギーを高めることがキーポイントです。

ウラコ: おっしゃる通り、ストレスや緊張(プラス、ハードアスペクト)を成長を与える素晴らしいものだと捉えるといいでしょう。ちなみに、ジュピさんは風邪っぽいとき、どうしますか?

ジュピ: 風邪っぽい日は、早めに寝ます。そして、テレビやインターネットの情報などは遮断します。風邪のときは、のエレメントの象徴に関する「世の中のニュース、他者とのコミュニケーション」は脳に入れないほうがいいでしょう。

ウラコ: ダジャレではなく、医療占星術的な視点で捉えると、風邪のときはのエレメントに関するものは控えるといいかと思われます。