占いサロン アストロヒロ
営業日: 火・水・金・土曜日
営業時間: 10時~19時
電話: 042-705-2305

 

 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

煌びやかな夜空でロマンチックな夜を過ごすこと。
今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。
というのも、1月22日、射手座16度で金星と木星はぴったりとコンジャンクトしますので、約1年ぶりに金星と木星は仲良く手を繋ぎます。
シンプルに申しますと、金星は恋愛や協力関係に関連し、木星は発展や拡大に関連します。
ちなみに、前回の金星と木星のコンジャンクション(蠍座7度)は、2017年11月13日でした。
1月21日午後2時16分、獅子座0度51分で満月です。
今回の満月は皆既月食であり、晴天であればアメリカ大陸やヨーロッパの一部で観測できるでしょう。
サビアン度数は、獅子座1度「溢血の症例」“A case of apoplexy”と水瓶座1度「古い日干し煉瓦の任務」“An old adobe mission”です。
満月時期は、新月時期と違い、月がくっきりと見えるので「結果」が見える状態です。どのような「収穫」があったのでしょうか。
この時期、太陽と月は牡羊座の終わり度数の天王星とハードアスペクトを形成し、活動宮13度でぴったりと火星と土星はスクエアのアスペクトを形成します。
今週は大まかに二つのケースが浮かびます。
ひとつに、自身のイメージに合わせて再構築したいという意識が高まる人が増えやすいことが示唆されます。
もうひとつのケースでは、健康と身だしなみの改善したいという意識が高まる人々が増えやすいことが示唆されます。
今回の水瓶座の太陽時期は、より輝き幸せな未来に向いながら、人生を楽しむことの重要性も見いだします。
今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 

【占星術メモ】
1/21 (月): 月(蟹座21度~獅子座7度)、金星90海王星(射手座‐魚座 14度35分)、満月(獅子座0度51分)、火星90土星(牡羊座‐山羊座 13度46分)
1/22(火): 月(獅子座7度~22度)、金星0木星(射手座16度03分)
1/23(水): 月(獅子座22度~乙女座7度)、水星90天王星(山羊座‐牡羊座 28度43分)
1/24(木): 月(乙女座7度~22度)、水瓶座の水星へ(~2月10日)
1/25(金): 月(乙女座22度~天秤座6度)
1/26(土): 月(天秤座6度~20度)、火星120木星(牡羊座‐射手座 16度39分)
1/27(日): 月(天秤座20度~蠍座4度)