占いサロン アストロヒロ
営業日: 火・水・金・土曜日
営業時間: 10時~19時
電話: 042-705-2305

 

 

天空の星たちは、私たちに様々なメッセージを送ってきてくれます。満月の夜に蟹やサンゴは産卵します。植物や動物と同様、人間も月の満ち欠けの影響を受けています。地球に近い月の影響だけではなく、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の影響も実感しながら、素敵な一週間を過ごしていくためのヒントを探ることにしましょう。

* 一般的に冥王星は小惑星と認識されていますが、占星術の象徴では、冥王星は重要な天体なので、太陽系の惑星として捉えております。

新たに成長するために、どこにエネルギーを注ぐべきだろうか?
今週は、そう意識しやすい人たちが蔓延しやすいことがホロスコープから示唆されます。
というのも、7月3日午前4時17分、蟹座10度38分で新月です。
日食なので従来の新月よりも強力です。
今回の新月は皆既日食であり、晴天であればチリやアルゼンチンで観測できるでしょう。
今回の新月のサビアンシンボルは蟹座11度で「険しい表情のピエロ」(“A clown making grimaces”)です。
新月は、一般的にものごとの切り替わりやスタート時期です。 どんなことが芽生えたでしょうか。
ちなみに、蝕の影響はすぐに起こることもあれば、その影響が現れるまでに最大半年かかることもあります。
今回の新月の場合、蟹座と山羊座の軸が強調され、牡牛座の天王星は獅子座の火星と水星とスクエアしています。
今週は大まかに二つのケースが浮かびます。
一つ目は、仕事運、恋愛運、もしくは勉強運に着目した新月の願い事を意識する人が増えます。
二つ目は、家庭生活、親業、子育て、妊娠に関連した新月の願い事を意識する人が増えます。
全てはうまくいくようになっています。
今回の蟹座の新月時期は、責任感を高めることの重要性も見いだします。
今週も心の快活さを取り戻し、再び希望を持ち始めましょう。

 

【占星術メモ】
7/1 (月): 月(双子座10度〜23度)
7/2(火): 月(双子座23度〜蟹座8度)、獅子座の火星へ(〜8月18日)
7/3(水): 月(蟹座8度〜22度)、新月(蟹座 10度37分)
7/4(木): 月(蟹座22度〜獅子座7度)、蟹座の金星へ(〜7月28日)
7/5(金): 月(獅子座7度〜21度)
7/6(土): 月(獅子座21度〜乙女座6度)
7/7(日): 月(乙女座6度〜20度)