アストロヒロ
営業日: 火・水・金・土曜日
営業時間: 10時~19時
電話: 042-705-2305

 

【お知らせ】
2020年2月22日から「オンライン鑑定」と「オンライン講座」を再開しました。(これまで通り対面による「セッション」と「レッスン」もございます)

【星の運行】
水星逆行(2/17 9:27 魚座12度53分 〜 3/10 12:32 水瓶座28度12分)の時期です。
蟹座(3/4 13:25 〜 3/6 18:28) の時期です。

蟹座の月と惑星のアスペクト】
3/4 13:42(蟹座0度09分)水星120月
3/4 20:25(蟹座3度49分)天王星60月
3/5 11:24(蟹座12度09分)火星180月
3/5 16:49(蟹座15度12分)太陽120月
3/5 22:14(蟹座18度16分)海王星120月
3/6 1:55(蟹座20度23分)木星180月
3/6 8:49(蟹座24度22分)冥王星180月
3/6 16:11(蟹座28度40分)土星180月

 

 

3月5日午後4時49分、蟹座の月魚座の太陽トライン(120度)のアスペクトを形成するので

蟹座さんと魚座さんによるトーク】

魚座さん: 水星逆行時期にオンライン講座とオンライン鑑定を再開したよね? 実際のところ、オンラインの需要ってあるの?

蟹座さん(=廣川): オンラインの需要あるよ。

魚座さん: え〜っ、そうなんだ。クライエントさんと生徒さんの視点で捉えると、今まで来店し対面によるセッションやレッスンを継続されていたんだよね? パソコンとかスマホとか使ってオンライン受けるのって、ちょっと面倒だと思う。

蟹座さん: 未経験なことを行うのは、確かにちょっと面倒だと感じる側面もあると思う。オンライン講座とオンライン鑑定の再開のきっかけは、先月ある生徒さんからメールだったんだ。

魚座さん: どんな内容?

蟹座さん: 一部引用させてもらうと、

レッスンですが、コロナウイルスが流行っており
長時間電車に乗ることへの不安が消えませんので
お休みさせていただけますでしょうか。
大変申し訳ございません。
毎月楽しみにしていたのに行けなくて残念です。
また落ち着いた頃にレッスン再開をお願いしたいです。

 

魚座さん: あぁ〜、新型コロナウィルスが流行っているからね。

蟹座さん: うん、1回目のメール返事に「レッスンのキャンセルの件、承りました。」という内容の返信をしたけれど、数十分後「オンラインレッスンで行うのはどうだろうか?」とふと思い、2回目のメールに「オンライン(スカイプ)でレッスンを行うのはどうでしょうか?」と尋ねてみたら、「スカイプを使うのは初めてですが、お願いします。」という内容の返事があったので、先月久しぶりに(スカイプ経由で)オンラインレッスンを行ってみたら、以前(2013年〜2016年)と違って通話が途切れることなく、音声の性能も良くなっていたよ。

魚座さん: そういえば、2013年〜2016年の頃は、なぜオンラインの需要があったのだろうか? 惑星の動きを確認してもいい?

 

2013年前半: 双子座の木星蠍座の土星、牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2013年後半: 蟹座の木星、蠍座の土星牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2014年前半: 蟹座の木星、蠍座の土星牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2014年後半: 獅子座の木星、蠍座の土星牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2015年前半: 獅子座の木星、射手座(数ヶ月は蠍座の土星牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2015年後半: 乙女座の木星、射手座の土星、牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2016年前半: 乙女座の木星、射手座の土星、牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星
2016年後半: 天秤座の木星、射手座の土星、牡羊座の天王星、魚座の海王星、山羊座の冥王星

 

蟹座さん: 占星術の象徴から考えると、2011年から天王星が本格的に牡羊座へ通過したよね。iPhoneとか大ブームになり、テクノロジーが急発展したのでスカイプ(skype)とかの通信の需要も年々増え、2013年前半の場合、木星双子座の時期だから、アストロヒロ(=廣川)も「オンライン鑑定」と「オンライン講座」を始めたんだと思う。

魚座さん: スカイプによる「オンライン鑑定」と「オンライン講座」の需要はあったの? それからレッスンの場合、資料とかどうするの?

蟹座さん: うん、あったね。資料はPDF経由でメールに添付していたよ。オンライン希望の方達はブログを読んで問い合わせがあったけれど、あの頃はどちらかと言うと近場の人達より、四国、関西、東北や九州地方など、どちらかと言うと関東地方以外の方達からの需要が際立っていたよ。または、相模大野駅まで電車で行こうと思えば行ける距離だけれども、うつ病だったりパニック障害をお持ちの方達から数年間オンライン講座(もしくは鑑定)によるリピートの需要が続いたね。

魚座さん: 2013年前半は双子座の木星時期だったので、双子座風のサイン(星座)だから、通信やインターネットの発展(例: スカイプによるオンライン講座&鑑定)があったのは、なんとなく理解できるけれど、その後木星蟹座。他の惑星の動きを見ても、風のサイン(星座)を通過していないし、、、。

蟹座さん: おそらく(蠍座の土星と(山羊座の冥王星ミューチャル・リセプションしていた時期(2013年〜2015年前半)が長かったことも理由だろうね。この時期、占星術とかオカルト関連も含めて特定の分野にエネルギーを集中する人も増えていたからオンラインの需要が高かったと思う。

魚座さん: ところで、オンラインの需要が消えた理由って何だろう?

蟹座さん: 射手座の土星(2015年前半)時期から、占いの館の出演日が急に増えたからだと思う。2015年や2016年の頃を振り返ると、1ヶ月16〜18日も出演した時期もあったよ。現在はその出演数を半分にしたので、アストロヒロの日が増えたね。

魚座さん: 新型コロナウイルスの影響により、オンライン講座(+鑑定)を再開したの?

蟹座さん: そう見えるよね。それよりも、3月22日から土星水瓶座へ通過するから、オンライン講座(+鑑定)を再開したよ。今後土星だけではなく、木星(2020年12月〜)、冥王星(2023年4月〜)、天王星(2025年7月〜)も風のエレメント双子座、天秤座、もしくは水瓶座)に移動するので、近未来はスマホやパソコンなどを駆使するエネルギーが更に高まるので、実は3月22日頃からオンライン講座(+鑑定)を新たに始める予定だったよ。

 

 

スカイプに関する情報のサイト
https://www.skype.com/ja/